浮世絵復刻版画

東海道五十三次

江尻 三保遠望
版画寸法:縦220 x 横350mm

湾の右手から延びている土地が、天女の羽衣伝説で有名な三保の松原である。古くから街道の宿駅として発展し、戦国時代には上洛を目論む武田信玄が創設した武田水軍の根拠地にも選ばれた。本来は富士の眺望が良いはずだが、意図的に外した様だ。

¥12,960(税込)

浮世絵専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る