東海道五十三次

袋井 出茶屋ノ図
版画寸法:縦255 x 横387mm

「出茶屋」とは道のかたわらで、よしず張りの屋根で作られた簡易な茶屋の事で、茶や一膳飯などを売る。本図ではよく見ると草履まで売っている。右遠方に見える袋井宿は東海道の中心。旅路の半分をこなし、旅人にもゆとりが出てくる頃。

¥10,800(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る