冨嶽三十六景

隅田川関屋の里
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 関岡裕介
摺師 鉄井孝之
藤原光俊がこの地を和歌に詠じていることで知られるが、関屋の里は隅田川辺の寺島村から千住河原辺までの総称であったという。往時は画面のように、一面の草原か田圃で、人家もまばらな辺鄙な地であったらしい。
北斎は、そうしたのどかな景観の中に大きく蛇行する土手を配し、三頭の馬が男を乗せ疾走する様子を描いて、静と動をー画面にまとめている。それにしても前屈みで疾走する馬上の人物は、笠でその面貌を見せていないが、いずれも視線が前方に向けられているように見えて不思議である。

¥12,960(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る