冨嶽三十六景

遠江山中
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 関岡裕介
摺師 伊藤達也
遠江山中は、静岡県西部地方を描いたものと想像されるが、その場所は特定されていない。
画面中央には、斜めに巨大な角材が描かれ、木挽が上と下で大鋸引きをしている。その構成は幾何学的で、何より高く描かれた材木を支える柱の三角の空間から富士を覗かせ、山容の三角と相対する連続で、不思議な空間が違和感なく表現されている。本図は、北斎の計算された構図によって完成された、佳作ということができる。

¥12,960(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る