冨嶽三十六景

駿州片倉茶園ノ不二
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 石井寅男
摺師 松崎啓三郎
現在、この片倉茶園が静岡県のどこに在ったのかは明かとなっていない。しかし画面からは、大規模な茶園であったことが広い茶畑と、40名に近い働く人たちによって窺われる。
おそらく細かなスケッチから推して、北斎はこうした茶園での作業風景を、実際に目の当たりにしていたのではないだろうか。画中には、手拭いや笠を被った大勢の女性たちによる茶摘みの様子や、摘まれた茶葉を運ぶ男たちなど、子細にみると意外とリアルに描かれているからである。それは別としても、本図は当時の製茶の過程や風俗を窺うことのできる点で、貴重な資料と見なせるものといっていいだろう。
なお本図も、揃中の幾図かにみられる、細微な描写を試みているもののうちの一図である。

¥12,960(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る