冨嶽三十六景

相州梅沢左
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 渡辺和夫
摺師 吉田秀男
相州の梅沢は、小田原に近い二宮町にその名があるという。
いかにも山深い地のようで、大きくそびえる富士の周辺は霞がかかり、一軒の人家すら見い出せない。また藍色を基調としているのも、そうした深山の雰囲気を盛り上げるのに効果をあげているが、前面の四羽の鶴と飛翔する鶴が全体を印象深いものとしている。
なお、表題に「相州梅沢左」とあるが、現在では“梅沢庄"の誤刻であろうとする見解が一般的となっている。

¥12,960(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る