浮世絵復刻版画

冨嶽三十六景

尾州不二見原
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 渡遺和夫
摺師 吉田秀男
尾州の不二見原は、現在の名古屋市中区不二見町であるとする見解がある。今では富士の眺望は不可能だが、往時はこの町名から小さくであろうが、山容を認めることができたのだろう。
画面は大胆にも中央に大きな桶が描かれ、職人が懸命に働いている様子が捉えられており、その桶中から小さく富士を望む構成となっている。いかにも北斎らしい奇抜な構想から、一般に“桶屋の富士"と呼ばれ、シリーズ中でも佳作のーつとされている作品である。

¥14,040(税込)

浮世絵専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る