冨嶽三十六景

冨嶽三十六景
「冨嶽三十六景」は、天保2(1831)年~4(1833)年頃にかけて刊行された46枚のシリーズで、刊行時の北斎の年齢は72歳~74歳、修業を始めてから50年が過ぎる頃でした。
現在の地域で、東京、神奈川、静岡、山梨、長野、茨城、千葉、愛知など各地から見た「不二」の姿を様々に描き、「赤富士」や「神奈川沖浪裏」など、誰もが知っている有名な作品を含む、北斎の代表作ともいえるシリーズです。


ページトップへ戻る