冨嶽三十六景

信州諏訪湖
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 渡辺和夫
摺師 吉田秀男
諏訪湖の岸には小さな祠がみえるが、どの場所からの眺望であるのかは明かでない。ただ遠方に高島城が小さくみえるので、塩尻峠方面からみた景観だと考えていいだろう。北斎は本図の制作とほぼ同じ時期に描いた、長大判の「信州諏訪湖湖水氷渡」や、後年に出版した団扇絵にも、ほとんど同じ場所からの景観を描いた作品があるので、あるいは実際にこの地を訪れたことがあるのかもしれない。
画面は北斎らしく、大胆に中央ヘ祠と大きな二本の樹木を配しているが、湖面や遠景は意外と穏やかな景観をみせていて、好ましいものとなっている。

¥12,960(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る