冨嶽三十六景

諸人登山
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 渡辺和夫
摺師 吉田秀男
揃中で唯一、富士登山を描いたものである。富士の山開きは例年6月1日からで、ここでは金剛杖をつきながら男たちが“おはち参り"をする様子が描かれ、後方の岩室には多勢の登山者が集まっているのがみえる。
この図からは、北斎自身も実際に登山の経験があるのではないかと思わせるほど説明的なものとなっているが、さらに岩肌から沸き出る霧が一段と画面をリアルなものとしている。

¥12,960(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る