冨嶽三十六景

磯川雪ノ旦
版画寸法:縦250 x 横380mm

彫師 渡辺和夫
摺師 鉄井孝之
礫川は文京区小石川のことで、この高台は伝通院の門前辺より、江戸川をはさんだ辺りとみられている。
降雪の翌朝は雲一つない快晴の景観で、一面銀世界の中に、富士もなだらかな山容を白銀に染めている。高台の座敷では数人の男女が集い、眺望の全てが純白となった江戸の街々を見下ろしながら宴を催しているようである。
風流な場面ではあるが、天空を舞う三羽の鳥と、それを一心に指差す女性が、遠近感を盛り上げて効果的である。

¥12,960(税込)

専用額
寸法:縦51.0cm x 横35.0cm x 厚さ2.0cm
材質:木材・アクリル
重さ:1.3kg
日本製
価格:¥9,720(税込)




ページトップへ戻る